肌質によっては、クレンジングオイルは肌が突っ張った感じになることがあるようです。汚れをしっかりと落とせるという点が、オイルタイプのクレンジングの特徴です。正しい利用の仕方ができていれば、オイルタイプでも、皮膚を必要以上に刺激しません。肌トラブルを防ぐには、メイクや酸化した皮脂をしっかり落とすことが大切なのは言うまでもありません。界面活性剤を多く含有しているオイル型のクレンジングは、ジェル状や、クリーム状のクレンジング剤と比べて油汚れを皮膚から洗い落とす力が十分にあることが重要な点です。界面活性剤によって油汚れは落としやすくなりますが、脂質を含む汚れ以外にも、皮膚がもともと持っている油分まで分解してしまいます。お肌に負担をかけないようにするためには、化粧汚れを洗い落とす時に、肌本来の油分までは洗い落とさないようにしておくことが大事になります。オイルタイプのクレンジングを使用した時、肌が乾燥したり、つっぱってしまうのは、バリア機能が破壊されているのです。メイクを薄く施した日に、洗浄力の強いオイルクレンジングをする必要はありませんので、使い加減を考えるといいでしょう。オイルは滑らかな使い心地で肌をこすってしまいがちですが、肌をこすると肌が摩擦のダメージを受けて肌トラブルの原因になります。クレンジングケアをする際は、お肌に負担がかからないようにすることです。クレンジング剤の使用量を少なくしすぎると、汚れ落ちが悪くなってこすってしまいがちなので要注意です。

クレンジングのあとはしっかり保湿することが大切です。保湿にはフェイスオイルがおすすめですよ。興味がある方はこちら
フェイスオイルで肌トラブル改善し美肌をめざそう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 papa●キッチン. All Rights Reserved