汗の原因は、温熱性発汗と精神性発汗、味覚性発汗がありますが、
手汗の原因としては、精神性発汗の可能性が高いと言われています。
よく「手に汗握る」などという言葉がありますが、手に汗握るのは
緊張したち興奮したり不安を覚えたりする時に起こったりします。

そんな手汗を減らすために自分でできることを紹介します。

① 適度な運動をする
手汗は乳酸も原因の一つで、この乳酸は運動不足が原因で
体内に蓄積します。運動することで、乳酸を体内にためない
体質作りができます。

② 腹式呼吸でリラックスする
自律神経は基本的には自分でコントロールすることができません。
その中で唯一自分でコントロールできると言われているのが
呼吸です。副交感神経を優位にするために、大きく息を吐いて
行う腹式呼吸がおススメです。

③ 刺激の強いものは避ける
カレーのような辛いものを食べると発汗しやすい状態になるので
刺激の強いものを控えることで汗を抑えることができます。

それでもダメな場合で仕事に支障をきたす場合は、多汗症内視鏡手術
と呼ばれる方法が有効と言われています。

また、手汗を気にするあまり必要以上に意識して、その結果汗が出て
しまうということもあるので、過剰に不安にならないことも重要です。

トリムクールの詳細はコチラ

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 papa●キッチン. All Rights Reserved